お知らせ

当ブログは移転しました。
移転先で最新の洋楽ヒット曲をバリバリ訳しておりますので、
ご覧ください。

2015年6月19日金曜日

Beatles(ビートルズ) Hey Jude 歌詞 和訳

今日は初めてのBeatlesの曲です。






Hey Judeは1968年に発表され、

Beatlesファンだけでなく、世界中の人々に今も愛され続ける名曲です。







ポール・マッカートニーが作った曲で、

ジョン・レノンの長男ジュリアンに宛てて作られた曲とされています。

ポール・マッカトニーの優しさが伝わってくる歌詞が素敵です。





Hey Jude, don't make it bad
Take a sad song and make it better
Remember to let her into your heart
Then you can start to make it better

ヘイ、ジュード。落ち込むなよ
悲しい歌だって、明るい曲にするくらいにさ
彼女を心に受け入れるんだ
そうすればよくなるさ

Hey Jude, don't be afraid
You were made to go out and get her
The minute you let her under your skin
Then you begin to make it better

ヘイ、ジュード。怖がるなよ
飛び出して、彼女を抱きしめるんだ
彼女をうけいれたら
全て良くなり始めるさ

And anytime you feel the pain, hey Jude, refrain
Don't carry the world upon your shoulders
For well you know that it's a fool who plays it cool
By making his world a little colder
Nah nah nah nah nah nah nah nah nah

つらいと感じたらさ、ジュード
一人で背負い込むなよ
わかるだろう、クールにやるのは馬鹿だって
自分の世界を冷たく見せてさ

Hey Jude, don't let me down
You have found her, now go and get her
Remember to let her into your heart
Then you can start to make it better

ヘイ、ジュード。がっかりさせるなよ
彼女と出会ったんだから、行って抱きしめたらいい
彼女を心に受け入れるんだ
そうすればよくなるさ

So let it out and let it in, hey Jude, begin
You're waiting for someone to perform with
And don't you know that it's just you, hey Jude, you'll do
The movement you need is on your shoulder
Nah nah nah nah nah nah nah nah nah yeah

いろいろと試してみてさ、ジュード、始めよう
誰かを待っているみたいだけど
わかるだろう、やるのは自分しかないんだ
取るべき行動は自分の中にある

Hey Jude, don't make it bad
Take a sad song and make it better
Remember to let her under your skin
Then you'll begin to make it
Better better better better better better, oh

ヘイ、ジュード。落ち込むなよ
悲しい歌だって、明るい曲にするくらいにさ
彼女を心に受け入れるんだ
そうすればよくなるさ




スポンサーリンク


4 件のコメント:

  1. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  2. このブログに出会えてよかったです。とてもありがたくつかわせもらってます。僕の好きな曲もちょっと古い曲もたくさんの和訳があって本当にreally really really really really really really really really really like this blog です

    返信削除
  3. このブログに出会えてよかったです。とてもありがたくつかわせもらってます。僕の好きな曲もちょっと古い曲もたくさんの和訳があって本当にreally really really really really really really really really really like this blog です

    返信削除
  4. amazon オンデマンドで「The Beatles 音源徹底分析 上・下」を出版している八木彬夫です。

    貴ブログで拙著を紹介いただければ幸いです。
    内容紹介
    ザ・ビートルズについては多数の書籍が書かれており、今や出尽くした感があります。本書は、これまで行われたことがなかった定位の分析を行うことで、正規発売だけでなく現在入手可能なブートレグの音源までも含め、一曲ごとに詳細な分析を行ったものです。
    上巻では、彼らのデビューからコンサートを止めてしまう66年までの期間を追いました。
    下巻では、彼らが挑戦した新しい音の追求、67年のストロベリー・フィールズ・フォーエヴァーから、最後の録音となった70年のアイ・ミー・マインまで。さらには謎に満ちたゲット・バック・セッションの全貌を明らかに。
    95年から始まったアンソロジー・プロジェクト、入手可能なブートレグの音源も含めて、一曲ごとに詳細な分析を行ったものです。

    amazon > 本 > ビートルズ で検索

    または

    上巻(赤本)https://www.amazon.co.jp/Beatles-音源徹底分析-上-八木彬夫/dp/4802093810

    下巻(青本)https://www.amazon.co.jp/Beatles-音源徹底分析-下-八木彬夫/dp/4802093829

    著者について
    1960年生まれ。ビートル・マニアとしては第二世代に属する。著者自身が様々な楽器を演奏し、現在も音楽活動を続けている。これらの知識と経験をもとに、まとめた本書は、小説投稿サイトにおいて、合計200,000PVの閲覧がされている。

    ブログ:http://beatles-analyze.blog.jp/

    返信削除